相続放棄事例 練馬区


相談内容
先日、父が亡くなりました。母もすでに他界しており、相続人は兄と私と妹の3人です。父にはこれといって資産も借金もないと思っておりました。ところが、ある日銀行から私宛に突然、内容証明郵便が届きました。
内容は、叔父の住宅ローンの支払が滞っていたところ、亡くなった父がその連帯保証人になっていたため、相続人である私たちにローン分を支払えというものでした。住宅ローンの残債はおよそ2000万円もありました。
銀行のいうとおり、私たち兄妹が支払わなければならないのでしょうか。

解決方法
亡くなったお父様にはとりたてて資産もないとのことですので、家庭裁判所に相続放棄の申述を行い、無事に受理されました。故人の借金というと、直接の借入ばかり気にしがちですが、ご本人が借入をしていなくても、どなたかの保証人になっている可能性がありますので注意が必要です。

登記や法律問題でお困りの方は、当事務所にご相談下さい! 050-5212-3259
お問い合わせ

PC表示SP表示