相続Q&A・Q2


Q2
改製原戸籍と改製後の戸籍は、どこを見れば区別できますか?

A2
改製事項は、旧戸籍については戸主の事項欄に、現行戸籍については戸籍事項欄に記載されています。戸籍の改製とは通常、戸籍の様式が法令に基づき改められた場合に、従前の様式から新様式に改めるものである。
改製により新戸籍を編製する場合は、その時に従前戸籍に在籍する者のみを新編製する戸籍に移記することになっているから、養子縁組・婚姻・死亡等によっ て除籍されたものは移記されません。そのため、相続の登記をする場合で、改製事項が戸籍に記載されていないときは、改正前の戸籍と改製後の戸籍の双方をご 用意して頂くことになります。

(相続Q&A2)

登記や法律問題でお困りの方は、当事務所にご相談下さい! 050-5212-3259
お問い合わせ

PC表示SP表示