任意整理Q&A9


Q9、契約時に保証人(連帯保証人)を立てました。それでも任意整理は出来ますか?

A9、手続きには保証人(連帯保証人)の協力が必要です。
保証人(連帯保証人)が要る場合、任意整理手続きをすると、ご依頼者には貸金業者からの請求が行かずに、保証人(連帯保証人)に請求が行くことになります。
その場合、①保証人(連帯保証人)を立てた債務だけを除いて任意整理をすることが考えられます。
若しくは、②事情を理解してもらい、保証人(連帯保証人)の方に返済してもらう方法や、③保証人(連帯保証人)の方も、ご依頼者と同時に任意整理を行う方法を選択することになります。
但し、ここにいう保証人(連帯保証人)とは、消費貸借契約時に保証人自ら立ち会って署名・押印した場合を指し、ご依頼者一人で書面に記載した場合などは含まれませんので、ご注意下さい。
従って、当該消費貸借契約書は大切に保管しておく方が良いでしょう。

(任意整理Q&A⑨)

登記や法律問題でお困りの方は、当事務所にご相談下さい! 050-5212-3259
お問い合わせ

PC表示SP表示