【相談内容】  財産を処分した後で借金があることが分かりました。その場合相続放棄はできますか?


相続放棄事例 (東京都練馬区)

【相談内容】
財産を処分した後で借金があることが分かりました。その場合相続放棄はできますか?
【解決方法】
既に相続を承認したことになります。相続が始まり、熟慮期間内に売却など相続が始まり、熟慮期間内に売却など財産の処分を行うと、既に相続を承認したことになり、相続放棄はできません。民法では、相続人のいくつかの行動を単純承認したものとみなされます(法定単純承認)。

法定単純承認事由
(1)相続人が相続財産の全部又は一部を処分したとき
(2)相続人が熟慮期間内に限定承認又は相続放棄をしなかったとき
(3)相続人が、限定承認又は放棄をした後でも、相続財産の全部若しくは一部を隠匿
し、私にこれを消費し、又は悪意でこれを財産目録中に記載しなかったとき

ただし、保存行為(修繕など相続財産の現状維持のための行為) は含まれません。

相続放棄事例

【相談内容】
財産を処分した後で借金があることが分かりました。その場合相続放棄はできますか?
【解決方法】
既に相続を承認したことになります。相続が始まり、熟慮期間内に売却など相続が始まり、熟慮期間内に売却など財産の処分を行うと、既に相続を承認したことになり、相続放棄はできません。民法では、相続人のいくつかの行動を単純承認したものとみなされます(法定単純承認)。

法定単純承認事由
(1)相続人が相続財産の全部又は一部を処分したとき
(2)相続人が熟慮期間内に限定承認又は相続放棄をしなかったとき
(3)相続人が、限定承認又は放棄をした後でも、相続財産の全部若しくは一部を隠匿
し、私にこれを消費し、又は悪意でこれを財産目録中に記載しなかったとき

ただし、保存行為(修繕など相続財産の現状維持のための行為) は含まれません。

相続放棄事例

登記や法律問題でお困りの方は、当事務所にご相談下さい! 050-5212-3259
お問い合わせ

PC表示SP表示