【相談内容】  相続放棄をしないとどうなるのですか?


相続放棄事例 (東京都北区)

【相談内容】
相続放棄をしないとどうなるのですか?

【解決方法】
相続放棄をしなかった場合は、通常の相続となり、被相続人(亡くなった方)の資産も負債も、すべて各々の相続分に応じて相続することになります。負債を相続するということは簡単に言うと「被相続人(亡くなった方)の借金の返済義務を引き継ぐ」ということです。

なお、資産は相続人同士の話し合いで分け方をきめることができますが(遺産分割)、
負債は、債権者の承諾なしに相続人が勝手に分けることはできません。

相続放棄事例

登記や法律問題でお困りの方は、当事務所にご相談下さい! 050-5212-3259
お問い合わせ

PC表示SP表示