【相談内容】 相続人が未成年の場合でも相続放棄はできますか?


相続放棄事例 (東京都練馬区)

【相談内容】
相続人が未成年の場合でも相続放棄はできますか?

【解決方法】
その未成年者と親が共同相続人であり、未成年者のみ相続放棄をすることは利益相反行為にあたるため、親がその未成年者を代理して相続放棄することはできません。この場合は裁判所で「特別代理人」を選任する必要があります。その未成年者と親が同時に相続放棄する場合や、未成年者のみが相続人である場合は、親権者がその未成年者を代理して相続放棄することは可能です。

相続放棄事例

登記や法律問題でお困りの方は、当事務所にご相談下さい! 050-5212-3259
お問い合わせ

PC表示SP表示